バランス良く食べることで、生きる意欲を支え、人間が人間らしく生き続けられる事を願って…

栄養ケア計画書作成例:誤嚥の可能性

FrontPageMenuBar右 → 栄養ケア計画作成における計画作成例 → 誤嚥の可能性

栄養ケア計画書作成例

誤嚥の可能性

領域食事
問題点誤嚥の可能性
長期目標誤嚥性肺炎の予防
短期目標誤嚥の予防
用意する物
業種理学療法士、作業療法士、看護師、介護職員
栄養ケア(事例)① 誤嚥しないように、食事の速さや一切れの大きさを見守る
② 食事の後で、口腔内に食べ物が残っていないかを確認する
③ 座位を安定させ、クッション等で体を支える等して嚥下しやすい姿勢をとらせる (例:片麻痺の場合には頭を健側に傾けたり、顎を引いた姿勢にする等)
④ 誤嚥による窒息をいち早く知る為に、物を食べている時の顔色の変化に注意する
⑤ 刻み食や、とろみをつける食事を用意する等して、本人が飲み込みやすい食事を工夫する
⑥ 介助者に遠慮して、食事を早く済ませようと思う事でむせ込む事がある為、本人がゆっくり食べられるように配慮する
補足事項

 
 
 
ライン

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional