バランス良く食べることで、生きる意欲を支え、人間が人間らしく生き続けられる事を願って…

認知症の人のためのケアマネジメントセンター方式

FrontPageMenuBar2 → 認知症の人:認知症センター方式

ケアマネジメントセンター方式

 センター方式とは、認知症の人のためのケアマネジメントセンター方式の略で、厚生労働省が2000年に設置した全国3箇所の「認知症介護研究・研修センター」(東京・大府・仙台)が中心となり研究開発した、認知症の人のためのケアマネジメントシートのことです。

  • 具体的利用方法
    • アセスメントとケアプランの展開ツールとして活用
       認知症になりはじめからターミナルまで、すべてのステージで活用できます。
    • 日常の情報集約ツールとして活用
       ケア関係者がシートを手元において、新たに掴んだ情報を追記していく。
    • 他事業所への情報配信として活用
       新たにつかんだ重要情報について、他の事業所のチームメンバーへ配信する。
    • 事業者と家族との情報交換のためのツールとして活用
    • 事業者と本人・家族とのコミュニケーションおよび見落とされやすい力や希望を引き出すためのツールとして活用
    • 新しい認知症ケアの視点と具体を学ぶ教育ツールとして活用
  • 様式は下記のサイトからダウンロードできます。

自分らしく暮らしつづけることの支援をめざして

 これまで長い間、『認知症(痴呆)の介護はたいへん、問題にどう対処するか』という混迷の時代が続いてきました。しかし近年、現場や研究の試行錯誤を通 じて、『これまでの旧いケアを刷新し、新しい認知症ケアにみんなで取り組めば、認知症の人も最期まで自分らしく暮らし続けられる、本人と関係者が可能性や希望を共に育める』、それが実現可能な時代となってきました。各地のグループホームや小規模多機能施設などでは、認知症でも自分らしく堂々と暮らし、ご家族や馴染みの職員に囲まれながら平安な最期を迎えられる方々が増えています。

 しかし、一方では、さまざまな事情でこうした新しい認知症ケアへの転換ができずに「旧い痴呆ケア」にとどまっている福祉医療現場が多いのが実情です。

 「新しいケア」とは、一部の努力で実現できるものではありません。組織全体、地域も含めて新しい考え方を共有し、共通 の方法で取り組んでゆくことがが今求められています。

新しいケア

センター方式シート及び解説篇をダウンロードできます(無償)

  • 「センター方式シート」は、どなたでもご利用いただけます。但し、ご利用(ダウンロード)の際には、法人・個人にかかわらず、利用者情報を登録(通知)していただく必要があります。
  • ご登録いただいた方には、今後、「センター方式」の改善を図るために認知症介護研究・研修東京センターからアンケートや簡単な調査のお願い、研修等のお知らせをお送りする場合があります。
  • ダウンロードページでは、「センター方式シート」と「解説」を別ファイルにて提供しています。両方のPDFをダウンロードいただきますようお願いします。
  • 様式は下記のサイトからダウンロードできます。

当サイトでも必要項目を登録しダウンロードしてみました!

  1. センター方式解説
  2. センター方式シート
     
     
     
    ライン

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional